少額債権回収の注意点

少額債権というのは、100万円以下や、もっと低額なものでは10万円にも満たないような、金額が低い債権のことをさします。債権額が低くても、支払いが行なわれない債権回収トラブルに発展することがあります。滞納している側が、債権額が低いということで、債権者もそのうち諦めてくれるだろうと軽く考えてしまうことがあります。回収したい側としても、債権額が低いということで、そのうち支払ってくれるだろうと思ってしまいがちです。

債権額の高い低いとは無関係に、注意したいのは消滅時効の存在です。民法では通常の債権の消滅時効期間は10年ですが、商行為で発生した債権は5年、債権の種類次第ではさらに短い期間で時効が完成してしまいます。時効が完成すると、そのことを理由に債務者が支払う義務がないといってしまえば、それが通用してしまうこととなり、基本的に回収できる見込みがなくなってしまいます。現在ある債権がどの種類に該当するかは、法律上どう解釈されるのかによって異なります。法的知識がなければ、どの種類の債権なのか把握するのは難しく、たとえば10年と思っていたものが実際には5年だったということで、すでに差し迫った状態になっているということもあり得ない話ではありません。そのため、諦めるつもりがなければ早急に回収に向けて本格的に動き出す必要がありますが、頼りになるのが弁護士の存在です。

当サイトでは少額債券にはどういった回収方法があるのか、弁護士に相談・依頼することにどういうメリットがあるのかを解説します。少額債券に関する情報を得たいと思っている人はぜひチェックしてみてください。